特定非営利活動法人Faithful Friend Societynのホームページへようこそ

長野県長野市豊島地区にて活動

令和元年10月22日

真宗大谷派 京都教務所と東京教務所との

連携で連絡いただいた長野県長野市津野に

あります真宗大谷派正覚寺さんにて活動

いたしました。

今回はNPO法人フェイスフル・フレンド・ソサエティ、

日本イベンターズ協会、

日本災害救援ボランティアネットワーク、

大阪大学と金光教大阪災害救援隊の5組織関係者が、滋賀、三重、

岐阜、名古屋、大阪から十数名集い連携しての活動です。

22日午前2時に泉福寺に当法人の副理事長田中伸治氏と

いつもボランティアに参加してくださる、くるみざわ英幸氏と

イベンターズ協会の岩田久人氏と岩田の呼びかけで岐阜県から

来てくださったスピットファイアグリルの太田健氏の5名で

出発しました。

当日は台風の影響で雨降りでしたが、午後からは止む予報なので

予定通りに出発です。

正覚寺さんの所は千曲川決壊したそばで、周辺は当日の雨とで

水浸しでした。

倒壊した家、泥にのまれた車等がある被災状況です。

リンゴ園も泥に埋まり、実ったリンゴも落ちてしまってます。

 

正覚寺さんの被害状況

 

東本願寺よりタオル400枚と当法人より土嚢袋600枚と

ブルーシート10枚を正覚寺さんにお渡ししました。

本堂の横廊下に泥が堆積しているので、家財道具等を

運び出し泥出しを致しました。

 

 

正午過ぎに本堂の中の運び出し泥出しはほぼ出来ました。

本堂内では写真洗浄も行われレクチャーもされました。

お昼に滋賀県甲賀よりキッチンカーたんぽぽさんが

焼きそばと切り干し大根の煮物とかぼちゃの煮物を現場まで来て

作ってくださりました。

ありがたいです。

午後からは別の個人の家での活動を致しました。

午後3時過ぎに緊急速報が入り、雨でダムの水が多くなり

放流するので千曲川が決壊する恐れがあるので、

すぐに避難しなさいと避難指示が出ました。

強制終了し撤収致しました。

帰宅したのが0時となりました。

すっかりボランティア号となったキャラバンもドロドロです。